花いけバトル~王者決定戦シリーズ 2014 第一戦 開催決定

花いけバトル~王者決定戦シリーズ 2014 第一戦、開催決定!!
 
2014年 2月17日(月)
花いけバトル 王者決定戦 シリーズ 第一戦 2014@青山 CAY

観客の眼前で複数のバトラーが花をいける。
同じ制限時間、同じ器、同じ花。 条件は各回異なるものの基本のルールはとってもシンプル。
観客を魅了させたバトラーの勝ち。 
果てることのない情熱のぶつかり合い「花いけバトル」。 戦うことに意味があるのか?時間制限が何を生むのか?
いけばな界、また各界からの非難、罵倒を浴びつつも、これを受け止め、争うことによって自らを高め、更なる美しさを求める事、「花いけ」の素晴らしさを広める事を目指し、常に進化を続けて参りました。

2013年 12月、白金 八芳園での壮絶なグランプリを終え、 更に洗練された内容にて行なわれる「花いけバトル  王者決定戦 シリーズ 第一戦」。
2014年 第1回目の「花いけバトル」を開催致します。

この度のバトラーは、
多彩な才能を有する、才色兼備の華道家 / DJ/華道家元 池坊 正教授 赤木マキ。
数多くのセレブリティ―を虜にし、圧倒的な実力で、不動の人気を誇る、designer 宮永英之。
そして、日本とパリの良質なエキスを吸収しつつ、新たな局面を切り開く存在、華やかに歩み続けるフラワーアーティスト・小野寺衆。

その物自体が美しい花に、新たな見解、美しさを与える匠の技の連続演舞。この日この瞬間しか体験できない、希少かつ豊満なお花見を。
是非華やいでお出かけ下さい。

2月17日(月)
花いけバトル 〜王者決定戦 シリーズ 第一戦 2014@青山 CAY

出演)
赤木マキ(華道家 / DJ  華道家元 池坊 正教授) 
小野寺衆(フラワーアーティスト) 
宮永英之(Designer)
 
器)
大森健司(陶芸家)

●審査員:
塚越応駿 (いけばな松風副家元  2013年花いけバトル王者)
宍戸純  (株式会社大田花き 営業本部 販売チームリーダー)
●解説:
川崎景介(花文化研究者 / マミフラワーデザインスクール校長)
瀬沼健太郎(ガラス工芸家)
●司会進行:日向雄一郎 花美術家 / 草月流
●協力 うつわ謙心  SYUNKA
 
●主催/企画:制作:花いけバトル実行委員会
●共催:CAY

開場17:30/開演19:30
 
※重要なお知らせ
 開場から開演までの間に、当日与えられたテーマにそった、
 3名のバトラーによる花の作品をご覧いただきます。
 その花は「blind vote」と称し、無記名の展示となっております。
 お客様の採点は、開演までとさせて頂きますので、
 余裕をもってお越しくださいますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、開演後は採点していただくことができません。
 その旨ご了承ください。
 
 

前売り券 4,000円 ・ 当日券 4,000円
*前売り券ご購入のお客様には、drinkチケットが2枚付きます。
 
ご予約
≪電話予約≫  CAY TEL : 03-3498-5790
≪メール予約≫ 下記のWEB内のフォームからお申し込みください。
 
 
 *着席100名様限定

当日、整理券を15:30から、会場入り口にて配布致します。
17:30から整理番号入場、以降は先着順のご入場となります。
(規定枚数内(100名様)でご予約頂いたお客様のお席は確保致しておりますので、
 ご来場可能な時間にお出かけ下さい。)
 
この度は限定枚数につき、キャンセルできませんのでご了承下さい。
当日券につきましては、整理番号も15:30から発券致しますが、当日券の発券枚数発表/ご入場は、開演前の19:25となります。
受付可能人数に達した時点で受付終了となり、ご入場できない場合もございますので、ご了承下さい。
 
 

会場:CAY(スパイラルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23  ACCESS MAP

※当日は、ご飲食もできますので、是非ご利用下さい。  
 
 
「華道界のサウンドクリエーター」
   華道家 / DJ  華道家元 池坊 正教授 赤木マキ

1997年 池坊名誉顧問松本美松氏(故)に師事。
2003年 個人創作発表を開始。
都内クラブをベースに様々な異種アーティストとコラボレートしたいけばなパフォーマンス/展示を経て、
2008年 企業レセプション、ディスプレイ装花を主として制作。
近年 花と植物そのものの計り知れないエネルギーを敬い、人と植物の心地よい関係性を研究。
コラム寄稿などとともに、独自のフィルターにかかった自然現象作品を発表。
他、「akg+」「makiAKAGI」名義でDJ・音楽活動を行う。
すべてにおいてその独特な世界観は類を見ない。

http://akagimaki.x0.com/



「日本に咲くパリのエスプリ」
   フラワーアーティスト 小野寺衆

東京の花装飾会社を経て渡仏、パリのトップフローリストのもと、パーティー等のフラワーデザインを担う。帰国後、東京を拠点としてアトリエ[Shu Onodera]を設立。
日本で培った生け花をベースとする空間装飾の技術と、ヨーロッパの絵画やファッションの色彩デザインを融合させた独自のスタイルで東京を中心に大型の空間装飾やイベント・パーティー、ウェディング、フラワーデモンストレーションなど、多岐にわたり活動。
またフラワーアーティストとしてパリ・東京で個展を開催する傍ら、東京を中心に日本各地でフラワースクールを主宰。他雑誌掲載多数。

www.shuonodera.com



「幻惑のマルチプレーヤー」
 Designer    宮永英之

東京都出身1989年 ゴトウフローリスト入社帝国ホテルにて店長とデザイナーを兼任。今までに数多くの著名人のウェディングを手掛け、2000件以上のウェディング装飾を担当する。
2009年 イベント「花の記念日」にてデモンストレーション。
2011年から二年間 韓国に渡りウェディング装飾のプロデュース。
韓国の雑誌社「i Fleur」15周年記念イベントでデモンストレーション。
「i Fleur」では現在も自身の作品を毎月掲載中。
2013年 東京にてデザイン事務所 ANIMUS FLORAL DESIGNを設立。
 
 
 
陶芸家 大森健司

1982 埼玉県生まれ
2005 東京造形大学 環境計画専攻卒業
2007 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2007 第一回孵化展(ノリタケの森ギャラリー/名古屋)
フタのある形(ギャラリーヴォイス/多治見)
ヒトハナ展 (ギャラリーヴォイス/多治見)
2008 20人の一年後展 (陶林春窯/多治見)
第二回孵化展(ノリタケの森ギャラリー/名古屋)
トッテのある形(ギャラリーヴォイス/多治見)
2009 第三回孵化展(ノリタケの森ギャラリー/名古屋)
さらとりどり展(ギャラリーヴォイス/多治見)
2010 陶芸の現在 土から成るかたち part Ⅵ (ギャラリーヴォイス/多治見)
第四回孵化展(ノリタケの森ギャラリー/名古屋)
フタのある形 partⅡ(ギャラリーヴォイス/多治見)
ミニアチュール展(ギャラリー芽楽/名古屋)
2011 個展 陶 白い稜線の軌跡 (INAXガレリアセラミカ/東京)
2012 わんの形(ギャラリーヴォイス/多治見)
個展 (ギャラリー芽楽/名古屋)
世界陶磁大展(coex/韓国)
MINO CERAMICS NOW (岐阜県現代陶芸美術館/多治見)
二人展 ながめ かさなり にじむ (クラフトショップNAGASE3号館/多治見)
2013 日韓交流展 (CHACHA/岐阜市)
個展 (勝山文化往来館ひしお/岡山)
 
 
CAY

花いけバトル HP
http://ikeru.jimdo.com/
 
Face book page
 
 
赤木マキ
赤木マキ
小野寺衆
小野寺衆
宮永英之
宮永英之
大森健司
大森健司